This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalised service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our cookie notice for more information on the cookies we use and how to delete or block them

ブックマーク eメール このページを印刷

エキスパート

デロイト トーマツ コンサルティングでは、企業のさまざまな組織、機能、目的に対応したサービスを提供する専門家に加え、さまざまな業界・業種ごとの専門的知識と豊富なプロジェクト経験をもつエキスパートたちが、クライアントの「協働者」として経営課題の解決に取り組みます。

また、デロイト各国のメンバーもDTCメンバーとともにクライアントの事業を国内外へ発展・加速させるためにクロスボーダーチームを組成し尽力します。

→東京オフィス  →名古屋オフィス   →大阪オフィス  →福岡オフィス

 東京オフィス

代表取締役社長 近藤 聡 (Akira Kondo)
自動車業界を中心に、企業戦略、オペレーション改革、海外展開戦略の策定・実行支援など、クロスボーダーを含むプロジェクトを数多く手掛けている。
2010年代表取締役社長に就任。

取締役副社長 パートナー 宋 修永 (Sooyoung Song)
韓国の大手電機メーカーで大規模のGlobal BPRプロジェクトに携わり、コンサルタントに転身後はグローバルERPベンダー、コンサルティングファームなどでグローバルSCMコンサルティング部門のリーダーとして活躍。
グローバルSCM分野での戦略策定、業務プロセス・組織改革、IT計画策定・実行支援などを自動車、電機、ハイテクなどの製造業を中心として数多く手掛けている。

取締役 パートナー 松下 芳生 (Yoshio Matsushita)
コンシューマービジネス、不動産インダストリーなど幅広い業界で、戦略立案、組織変革、リスクマネジメント、IT戦略などのコンサルティング活動に従事。
主な著書に『戦略のパラドックスへの解』(共著:翔泳社)、『戦略のパラドックス』 (監修:翔泳社)、『eエコノミー時代の経営戦略』(ダイヤモンド社)、『ITコンサルティング』『マーケティング戦略ハンドブック』(共著・PHP研究所)などがある。その 他講演多数。

取締役 パートナー 浜田 健二 (Kenji Hamada)
15年以上にわたり一貫して、組織・人事関連のコンサルティング業務に従事。特に最近は、日本企業のグローバル経営や人材育成の強化・推進のサポートに注力している 。
主な著書に、『戦略的コンピテンシーマネジメント』(共著・生産性出版)、『組織バリューマネジメント入門』(共著・生産性出版)など。

取締役 パートナー 篠田 昌典 (Masanori Shinoda)
CFOが所管する、財務会計、管理会計、コーポレートファイナンス、経理財務部門変革等の多岐にわたるサービスの企画、プロジェクト遂行に従事。
昨今は国際財務報告基準(IFRS)を中心としたサービスのリーダーを務め、トーマツグループの各種サービスとクロスファンクションで扱う複合的なプロジェクトを積極的に展開している。

取締役 パートナー 久保島 悠 (Yuki Kuboshima)
自動車製造、自動車部品製造、その他製造業界を中心に、グローバルマネジメント改革、海外事業企画、海外組織再編等について戦略策定から実行支援まで、日系企業の海外事業に関するプロジェクトを数多く手掛けている。

パートナー 青木 計憲 (Kazunori Aoki)
20年以上にわたり一貫して、国内外問わず生損保業界向けに、事業戦略立案、オペレーション改革、組織変革、マーケティング構想、IT戦略・マネジメント、ITシステム導入、経営統合を含む広範囲の領域に対してコンサルティングサービスを多く手掛ける。外資系コンサルファームの保険業界のコンサルティング部門のリーダーとして活躍。

パートナー 有富 ビクトル (Victor Aritomi)
10年以上にわたり、金融業界向けに、ファイナンス・業務プロセス・組織変革構想・企画、IT戦略、ITシステム導入、経営統合、クロスボーダーを含む大規模なプロジェクトのマネジメントなど、広範な分野におけるコンサルティングサービスに従事。
文化的多様性の強い環境での変革実績も豊富。

パートナー 浅見 光 (Ko Asami)
医薬品・医療機器業界を中心に、企業統合戦略、海外展開戦略の策定・実行支援など、クロスボーダープロジェクトを数多く手掛けている。

パートナー 中鉢 友則 (Tomonori Chubachi)
銀行・証券を中心に、事業戦略、マーケティング/営業戦略、IT戦略/マネジメント、業務改革、コスト削減、全社変革プログラム実行などのコンサルティング領域に従事。
戦略立案・業務改革に強みを持つ。

パートナー 藤井 晃司 (Koji Fujii)
情報システムの導入に伴う業務改善や効率化などオペレーション改革案件に関与。
IPO企業の内部管理体制整備、JSOX対応などのコンサルティングも数多く手がけている。
流通・小売業を中心として製造業、建設業などの経験を有する。

パートナー 藤井 剛 (Takeshi Fujii)
電機、自動車、航空、消費財、ヘルスケアなど幅広い業種の日本企業において、「成長創出」「イノベーション」を基軸に、成長戦略の策定や新規事業開発、海外市場展開、組織・オペレーション改革等のコンサルティングに従事。社会課題を起点にした新事業創造や、地方自治体・複数企業を核とした地域産業創造に多くの経験を有する。
主な著書に「Creating Share Value : CSV時代のイノベーション戦略」(ファーストプレス)。その他著書、メディアへの寄稿、セミナー講演多数。

パートナー 藤岡 稔大 (Toshihiro Fujioka)
外資系ERPベンダーから、大手コンサルティング会社を経て現職。
一貫してSCM、生産管理領域の業務/組織/システム設計に従事。
グローバル需給調整プロセス、S&OPの構築プロジェクトの経験が豊富であり、グローバルかつ大規模プロジェクトのマネジメントに強みを持つ。

パートナー 福留 一希 (Kazuki Fukudome)
自動車業界担当。
同業界における仕組み作り(業務改革・制度設計・IT導入)に強み。
近年はグローバル営業機能(中期計画、月度計画、需給・オーダー、プライシング等)のプロセス設計・IT構想を中心にサービスを展開。
事業会社出身者としての視点を活かした「クライアントとの協働によるプロジェクト推進」を得意とする。

パートナー 萩倉 亘 (Wataru Hagikura)
成長創出にフォーカスしたコンサルティングに従事。コーポレートアントレプレナーシップの醸成が持続的成長の源であるという信条のもと、成長のためのアジェンダであるイノベーション、エマージングマーケット、トランスフォーメーションの各領域にて様々なサービスを提供している。

パートナー 橋本 善永 (Yoshihisa Hashimoto)
北米において15年にわたり日系企業の業務改革、テクノロジー導入を支援。ベストプラクティスの開発、海外拠点展開のためのプロジェクト管理オフィス(PMO)の運営と、ローカル社員を巻き込んだ組織変革(チェンジマネジメント)の経験が豊富。企業競争力向上に直結するグローバル化を追求している。

パートナー 日置 圭介 (Keisuke Hioki)
電機、自動車、IT、小売、エネルギーなど、多業種の日本企業において、グローバル本社や地域統括、ファイナンス機能などを対象とした、グローバル組織/機能戦略の構想、実行を支援。
現在は、GMI担当として、日本企業のグローバル競争力強化に向けた提言活動を推進する。
著書:『ファイナンス組織の新戦略』(編著、日本経済新聞出版社)、
監修:『Think! 別冊No.5 グローバル経営戦略2013』(東洋経済新報社)、その他、様々なメディアへの寄稿、セミナー多数。
早稲田大学大学院会計研究科非常勤講師、日本CFO協会主任研究委員。

パートナー 井島 裕昭 (Hiroaki Ijima)
CIOに対するアドバイザリーサービスに従事し、IT戦略立案・ITガバナンス構築・システム統合計画策定や、グローバルITプロジェクトのPMOなどを手掛ける。
また日本におけるDeloitte Digital事業責任者として、モバイルアプリ開発やウェブマーケティングの専門家チームを率い、クライアントの「デジタル化による経営変革」を支援している。

パートナー 石黒 泰時 (Yasutoki Ishiguro)
化学企業、自動車、機械等の製造業をはじめ航空、住宅、建設、消費財等のさまざまな業界に対して、全社/事業戦略の立案、マーケティング戦略、営業改革、新規事業開発などに豊富な経験を持つ。グローバルに競争力を確立していこうとしている企業に幅広い支援を行っている。

パートナー 石﨑 雅之 (Masayuki Ishizaki)
グローバルコンサルティング会社シリコンバレーオフィスのパートナーとして、ハイテク、消費財、流通インダストリーを中心としたFortune 500企業のトランスフォーメーションプログラムを15年以上に渡り手掛け、その後大手グローバルIT会社の事業責任職などを経て現職に至る。
モバイル、ソーシャル、ウェブ、クラウドなどの先進テクノロジーがビジネスに与える機会の発掘・課題の解決を専門とし、デジタル化が加速する環境下におけるブランド戦略策定、マーケティング効果向上と効率化、海外事業展開、ワークスタイル変革などのアドバイザリーと、それらを実現するための改革プロジェクト推進を担う。

パートナー 石崎 豪朗 (Takeo Ishizaki)
M&A戦略立案から資本・業務提携実行支援に至るコンサルティング案件を専門とする。特に、クロスボーダーM&A関連のプロジェクトを数多く手掛けており、欧米における企業・資産買収から新興国における事業提携やJV設立支援に至るまで豊富なコンサルティング経験を有する。
内外の製造業・サービス業のクライアントに対して、M&A戦略立案(海外進出戦略立案)、ターゲットスクリーニング、デューデリジェンス、ビジネスアドバイザリー関連のプロジェクトを手掛ける。

パートナー 岩渕 匡敦 (Masanobu Iwabuchi)
15年以上に渡り自動車及びハイテク産業の経営幹部に、新規事業、グローバルカスタマーエクスペリエンス、デジタルマーケティング、CRM戦略などのコンサルティングに従事。
欧米の先進国に加え中国、香港、シンガポール、インドネシア、タイ、韓国、インドなど多様なマーケットでのプロジェクト経験を多数有する。

パートナー 神山 友佑 (Yusuke Kamiyama)
Separation(分離) & Integration(統合)など組織再編の専門家として、構想策定から実務設計・実行までの諸課題全体を取りまとめる。
近年は特に本社改革を起点とした再編・Divestiture(外部化)に力点を置き、組織再編前後の事業戦略・計画のシミュレーション、効果測定、人材リストラクチャリング、分離・統合実務など、組織戦略・組織変革に関わるプロジェクトを多く手がける。
M&A専門誌「MARR」(レコフデータ)等に連載執筆中。

パートナー 金澤 透 (Toru Kanazawa)
ハイテク業界をはじめとする製造業に対してグローバルでの経営管理およびサプライチェーンマネジメントの業務改革と情報システムの構想立案と導入・定着化コンサルティングを数多く手掛けている。
主な著書に『ハイリターン・マネジャー』(東洋経済新報社)。

パートナー 菅野 弘孝 (Hirotaka Kanno)
自動車業界を中心として、製造業における、グローバルマネジメント構想/組織再編、市場参入・M&A等の戦略策定から、業務プロセス改善、システム導入といった実行支援まで、クロスボーダー、マルチカルチャーでのプロジェクトを多数手掛けている。

パートナー 北岡 晋 (Shin Kitaoka)
自治体を振り出しにIT系企業を経て、IPOを中心とした経営管理基盤整備や業務プロセスおよび情報システム基盤整備の支援コンサルティングの経験を積む。
公認内部監査人(CIA)。

パートナー 小泉 寿子 (Toshiko Koizumi)
国内およびクロスボーダーの領域において、多様なM&A支援の経験を有しており、M&A戦略立案からデューデリジェンス、M&Aアドバイザリーまでの一貫したサービス提供を行っている。
近年では、幅広い業種のクライアントに対して、新興国を含む海外企業の買収支援プロジェクトを数多く手掛けている。

パートナー 國分 俊史 (Toshifumi Kokubun)
IT企業の経営企画、シンクタンク、米国系戦略ファームなど15年以上にわたって経営コンサルティングに従事。
経営戦略、企業再建、オペレーション改革に加え、戦略の自由度と競争優位を生み出す企業の政策提言力の強化、メディア戦略や海外政府との交渉支援 による新たな市場の創出にも取り組んでいる。
共著にて「最強の業務改革」、「最強のコスト削減」(東洋経済新報社)、その他ビジネスメディアへの寄稿多数、セミナー多数。

パートナー 小高 正裕 (Masahiro Kotaka)
海外企業買収後の統合支援(クロスボーダーPMI)、グローバル・グループ・ガバナンス構築や組織再編など、日本企業のグローバリゼーションを支援するプロジェクトを、消費財、金融、ライフサイエンス、ハイテク、化学、エネルギーなどの業界にて数多く手掛ける。海外企業買収後の業績立て直しや、海外M&A推進能力向上に関するコンサルティングも実施している。
クロスボーダーPMIに関するメディアへの寄稿やセミナーなど多数実施。

パートナー 日下 明彦 (Akihiko Kusaka)
多岐に渡る業種において、情報システム、業務プロセス、経営管理制度の変革構想や企画、実行支援のコンサルティングに従事。
最近は、情報システム戦略やシステム化計画の策定、およびその実行支援、またCEOや CIOへのITに関するアドバイザリー業務(ITガバナンス、ITコスト削減)を中心に活動。

パートナー 楠 俊史 (Toshifumi Kusunoki)
日本を始めとしたアジア各国において、自動車、電機、ハイテクなどの製造業を中心に、幅広く製造・サービス分野へのコンサルティングに従事。
事業戦略策定、業務・オペレーション改革や情報化の計画策定・実行支援に携わる。

パートナー 松江 英夫 (Hideo Matsue)
経営戦略及び組織改革を中心に、国内外のM&A、経営統合、クロスボーダー組織再編等の経営改革支援に数多く従事。グローバル化に向けたグループ戦略及び組織デザイン、M&A/Post M&A(PMI)、グループ再編(持株会社設立、会社分割・分社化、子会社再編等)をはじめとするテーマを多数展開。
主な著書に『クロスボーダーM&A成功戦略』『ポストM&A 成功戦略』(ダイヤモンド社)、『経営統合戦略マネジメント』(日本能率協会マネジメントセンター)など。
中央大学ビジネススクール大学院戦略研究科 客員教授。
事業構想大学院大学 客員教授

パートナー 松永 鋭太郎 (Eitaro Matsunaga)
グローバルERPベンダーからコンサルタントに転進後、多数の製造業企業の改革プロジェクトに従事。
ハイテク製造業の専門家として事業戦略、組織戦略、SCM、IT、業務改革等グローバルマネジメント改革コンサルティングを多数手掛ける。
エレクトロニクス業界担当としてクロスボーダー案件の戦略構想から実行まで確実に変革を実現する改革マネジメントを得意としている。

パートナー 松永 匡史 (Masanobu Matsunaga)
米国大手コンサルティングファーム、日系大手シンクタンクにて一貫して通信・メディア分野におけるコンサルティングに従事。専門はメディア事業に関連する事業戦略、サービス企画、マーケティング及び新サービス におけるIT戦略を手がける。特に映画、音楽、放送、ゲーム等のコンテンツ分野をボーダレスに扱う独自の 視点には定評がある。 主な著書に『クラウドコンピューティングの幻想』(技術評論社)。その他IT及びメディア系専門誌、Webメディアに執筆実績多数。

パートナー 松尾 淳 (Jun Matsuo)
医薬・医療機器等を中心としたライフサイエンス業界に対して、M&A戦略立案・シナジーの定量化、ポストM&Aにおける実行支援、サプライチェーンを中心としたプロセス改革、IT戦略立案、マーケティング戦略立案、海外事業戦略の策定・実行支援などのプロジェクトを数多く手掛けている。

パートナー 三輪 耕司 (Koji Miwa)
外資系戦略ファームなどでの経験もあわせて15年以上にわたり戦略、業務、ITコンサルティングに従事。
消費財、ヘルスケア、ハイテク、自動車、小売等の業界に対し、成長戦略策定、営業戦略策定、バックオフィスオペレーション改革、シェアードサービスセンター立ち上げなどのプロジェクトをクロスボーダー案件も含めて数多く手がける。

パートナー 村山 庄太郎 (Shotaro Murayama)
主に総合電機、家電、機械産業等のディスクリート製造業に対して、グローバルSCM・海外販社営業改革を中心としたオペレーション変革のコンサルティングに従事している。
グローバルSCM構築については、構想策定から稼動・保守まで業務・ITの両面から数多くのプロジェクトを遂行した経験を有する。

パートナー 長川 知太郎 (Tomotaro Nagakawa)
医薬品・医療機器・製造業界における国内外の主要多国籍企業に対する、事業戦略・M&A戦略立案、組織・業務変革推進のほか、海外展開戦略、グローバルマネジメント改革、海外組織再編の策定・実行支援など、クロスボーダープロジェクトを数多く手掛けている。
主な著書に『マーケティング戦略ハンドブック』(共著・PHP研究所)。

パートナー 中川 勝彦 (Katsuhiko Nakagawa)
製造業、流通小売業を中心に企業変革、M&A・PMI、グローバル展開、組織・事業再編などの経営重要課題に対する戦略立案から実行支援までを数多く手掛けている。
大手情報サービス会社、会計系ファイナンシャルアドバイザリーファーム、外資系戦略コンサルティングファームを経て現職。

パートナー 中世古 操 (Misao Nakaseko)
主に大手企業に対する、業務改革・ERP・BI導入等の大・中規模プロジェクトに従事。特に、グローバルベースの経営管理をERPやBIツールを活用して具現化し、連結会計、連結業績管理、S&OPやPSI、ライフサイクルコスト管理の実行を支援している。

パートナー 根岸 弘光 (Hiromitsu Negishi)
グローバルに展開する製造業を中心に、グローバルサプライチェーンマネジメント領域やグローバル営業領域のオペレーション改革のコンサルティングに従事している。
業務改革構想立案から業務設計、システム導入の推進、現場への定着化まで一貫したサービスを提供することに強みを持つ。

パートナー 西上 慎司 (Shinji Nishigami)
製薬・医療機器メーカーに対して15年以上のコンサルティング経験を有し、グローバル化に伴うマネジメント変革、組織改革、研究開発の生産性向上、業務プロセス改善・コスト構造最適化、グローバル経営管理・管理会計強化などのプロジェクトを多く手掛ける。

パートナー 西本 悟朗 (Goro Nishimoto)
医薬品・医療機器・バイオテクノロジー企業などのライフサイエンス業界を中心に、セール&マーケティングの効率性改革、戦略策定、ガバナンス設計、ビジネスプロセス変革、IT導入などのプロジェクトを手掛ける。また、M&Aの際に必要となる企業統合においても多くの支援の実績を有する。

パートナー 信國 泰 (Yasushi Nobukuni)
CFOサービス、サプライチェーンマネジメントの分野で数多くのプロジェクトを手がけており、連結業績評価・損益管理、財務オペレーション改革、キャッシュマネジメント、販社営業改革、PSI・需給計画などの案件に従事。改革立案から実行、IT導入まで改革プロジェクトのフルライフサイクルを実行できる経験を有している。またクロスボーダー案件に多くたずさわっており、海外現地法人も巻き込んだチェンジマネジメント・プロジェクト管理に強みをもつ。

パートナー 大濱 憲 (Ken Ohama)
金融・不動産、製薬、エネルギー、官公庁等において、情報システムの企画~実行支援等のITコンサルティングサービスに従事。システム構想・システム化計画、要件定義、アプリケーション設計・開発までを一貫して担当、大規模なシステム開発案件のプロジェクト管理も数多く手がける。システム構築以外では、業務・組織改革(制度・業務・組織設計)のプロジェクト経験が豊富。

パートナー 岡本 努 (Tsutomu Okamoto)
人員・人件費計画策定および最適化マネジメントのほか、組織再編(M&A、PMI)における人材移管・人事統合計画策定、ガバナンス体制設計、組織・人事戦略策定、グループ人事管理体系設計、経営管理体系構築(BSC導入等)、業績管理制度設計、BPR実行サポート、雇用調整実行サポート等、組織・経営管理・人事・プロセス領域に関わるコンサルティングを幅広く手がけている。主な著書に「要員・人件費の戦略的マネジメント」(労務行政)がある。

パートナー 大木 富和 (Tomikazu Oki)
経営管理基盤(経営計画、予算/業績/収益/原価管理等の管理会計、決算早期化等)の制度・業務構築支援、多くの業種に関し情報システムの構想/設計/開発/導入などのコンサルティング業務に従事。公認会計士。

パートナー 大久保 伸夫 (Nobuo Okubo)
エレクトロニクス業界を中心に、新規事業開発、事業再編、新興国戦略、M&Aなど戦略策定から実行支援まで幅広いプロジェクトを手掛けている。 大手事務機メーカー、日系大手シンクタンク、米国大手コンサルティング会社を経て現職。

パートナー 小澤 正章 (Masaaki Ozawa)
情報システムの導入に伴う業務改善やシェアードサービス化による業務の効率化などオペレーション改革に関する案件に関与。流通・小売業を中心に製造業やリース業などでの経験を有する。

パートナー 佐瀬 真人(Masato Sase)
製造業を中心に事業戦略立案、マーケティング戦略立案、技術戦略立案、組織・プロセス設計に関するコンサルティングに従事している。
特に自動車業界においては自動車メーカー、自動車部品サプライヤー、販社・ディーラーの領域をカバーする経験を有する。
著書に『戦略のパラドックスへの解』(共著:翔泳社)がある。

sato パートナー 佐藤 通規(Michinori Sato)
製造業を中心として、事業戦略、マーケティング戦略、モノづくり戦略、IT戦略策定から、グローバル業務改革などのコンサルティングに数多く従事。特に日本本社と海外複数拠点を連動させた、現場を動かす経営改革主導に実績がある。主な著書に『ハイリターン・マネジャー』(共著:東洋経済新報社)

パートナー 千田 章貴 (Akitaka Senda)
金融機関を中心に、戦略立案~システム開発~アウトソーシングを含む広範囲の領域に対してコンサルティングサービスに従事。
特に、事業戦略立案、業務改革、組織変革、IT戦略・マネジメント等のプロジェクトを多く手掛けている。

パートナー 柴田 雄一 (Yuichi Shibata)
鉄鋼業を中心とした素材業界関連企業に対して、販売、生産、調達、経営管理領域での業務改革の基本構想からITソリューション導入および運用まで多数従事。
最近はクロスボーダーM&Aも対象にした事業戦略立案からポストM&Aのシナジー効果創出の支援に注力している。

パートナー 渋谷 憲彦 (Norihiko Shibuya)
ハイテク業界を中心に20年以上製造業に携わり、サプライチェーンマネジメント(SCM)や営業改革の領域を中心に多くの企業の業務改革プロジェクトに従事した経験を持つ。
また、大手ERPベンダにてSCMビジネス立上の責任者として、市場の開拓及び日系企業向けのサービスモデルの立ち上げを行った。

パートナー 重松 泰明 (Yasuaki Shigematsu)
製造業を中心にアジアパシフィックにおける事業戦略立案、渉外戦略立案、新規進出、マーケット調査・分析等に関するコンサルティングサービスに従事。
現在東南アジアファームに出向しており、現地にて日系企業の事業強化・推進を支援している。
著書に『自動車産業 ASEAN攻略』(共著:日系BP社)

パートナー 篠原 学 (Manabu Shinohara)
企業の買収、売却、再編を支援するPreM&Aユニットリーダー。国内外の様々な業種の企業、投資ファンドに対して、M&A戦略立案(海外進出戦略立案)、ターゲットスクリーニング、デューデリジェンス、バリュエーション、ビジネスアドバイザリー業務、等のプロジェクトを手掛ける。近年は日本企業における海外企業買収案件の支援を数多く手掛ける。主な著書に『M&Aストラテジー』(共著・清文社)、『M&Aファイナンシャルデューディリジェンスの実務』(共著・清文社)。

パートナー 新坂上 治 (Osamu Shinsakaue)
外資系企業や国内企業のクロスボーダー案件に対してIT領域を核としたコンサルティングサービスに従事。
幅広い業種のクライアントに業務改革、システム化計画、ベンダー選定、ERP導入、M&A後のシステム・オペレーション統合、PMO等の支援を多数手掛ける。
大規模な国際的プロジェクトのマネジメント経験も豊富。

パートナー 首藤 佑樹 (Yuki Shuto)
電機・電子部品・ICTサービスを扱うハイテク業界に対して、中長期ビジョン・事業戦略策定、M&A、組織構造改革、新規事業開発、設計・開発プロセス改革、SCM改革などのプロジェクトを数多く手掛けている。また、Deloitte海外ファームと連携し、北米やアジアを巻き込んだグローバルプロジェクトの実績も豊富である。

パートナー 曾根 康史 (Yasushi Sone)
金融機関をはじめとする多くの業種において、組織・戦略領域を中心とした経営改革テーマを数多く手がけている。特にM&Aを機とした新会社の競争力とバリューアップを念頭においたPMIに強みを持ち、経営統合、買収、グループ再編(持株会社化、事業分離・統合、構造改革等)の多様な再編スキームの経験を幅広く保有。主な著書は「M&A統合型財務デューデリジェンス(共著)」(清文社)。

パートナー 鈴木 淳 (Atsushi Suzuki)
機械設備産業、重工業界、航空業界、自動車業界の製造業を中心に、事業戦略、組織改革、オペレーション改革、TI戦略、事業統合等、広範囲でコンサルティングサービスを手掛けている。
外資系コンサル、IT系コンサルを含めて長年業界リーダーとして活躍。
近年、海外戦略、M&Aによるシナジー統合、新たな顧客経験に基づくビジネスモデル展開に注力している。

パートナー 高橋 寿 (Hisashi Takahashi)
大手電機メーカー、内資・外資系コンサルティングファームを経て現職。
中央省庁、地方自治体、独立行政法人等の公共領域を中心に政策立案支援、組織・業務改革、IT戦略立案等の数多くのプロジェクトに従事。特に、組織・業務改革関連の実績を多数有し、構想策定から組織・業務設計、システム導入までの一貫したサービスを提供できることに強みを持つ。

パートナー 高橋 克昌 (Yoshiaki Takahashi)
中央省庁、地方自治体、独立行政法人等、官公庁領域を中心に、様々なコンサルティング業務に従事。
特に、事業・政策評価、事業計画立案、業務改善(BPR)、IT戦略立案、IT導入時のプロジェクトマネジメント業務に多くの実績を保有する。
最近では、安全保障や各省庁の成長戦略等でも謳われている官民連携(PPP)に関連する活動に従事。

パートナー 田邊 愛貴 (Yoshiki Tanabe)
金融機関をはじめとし多くの業種において、財務会計・管理会計を中心とした経営管理基盤の整備を数多く手掛けている。また、戦略立案・組織再編・全社システム導入・業務改革など、関連したテーマに関しても幅広く経験を有する。

パートナー 田中 雅史 (Masashi Tanaka)
製造業グループにおけるCFOサービス・プラクティスを統括。グローバル製造業を中心に、中期経営計画策定、グローバル組織再編、グループ経営管理・業績評価制度設計、管理会計・原価管理制度設計等のコンサルティングを数多く手掛けている。事業変革のための経営管理・管理会計制度構築と、変革を確実に実行に導くための組織・業務プロセス改革やIT化構想等の周辺施策まで、広範囲の仕組み作りに強みを持つ。グローバル案件の経験も豊富に有している。

パートナー 田中 義崇 (Yoshitaka Tanaka)
自動車メーカー、部品サプライヤー、その他製造業を中心に、海外事業戦略、事業・組織再編、地域統括会社・持株会社設立、買収・合併・統合支援等に関するプロジェクトに多く携わっている。
特に日本本社のみならず、海外現地事業体を巻き込んでのプロジェクト実績を多数有している。

パートナー 坪井 孝太 (Kota Tsuboi)
製造業(自動車、食品、機械など)を中心にグループ経営、組織戦略、業務革新(機能別または機能横断)、組織再編、M&A、経営統合、ファイナンス等、コンサルティングに幅広い実績を持つ。

パートナー 土田 昭夫(Akio Tsuchida)
製造・サービス・金融など様々な業種を対象に、組織と人材のマネジメントに関するコンサルティングを手がけている。人材マネジメント計画立案、人事制度構築、コーポレート・ガバナンス改革等の領域において豊富な経験を有する。
主な著書に『人事制度改革の戦略と実際』(共著 日本経済新聞社)。その他人事専門誌、一般経済誌等に執筆実績多数。

パートナー 上野 豊 (Yutaka Ueno)
日系および米系のコンサルティング会社において主に製造業のプロセス改革を中心としたコンサルティングに10年間従事。またERPやSCMのなどの外資系パッケージベンダにおいても15年以上の経験を持ち、IT分野においても造詣が深い。このことからITを使ったビジネスプロセス改革においてプランニングから実行までのコンサルティングに強みを持つ。

パートナー 鵜澤 慎一郎 (Shinichiro Uzawa)
専門分野はHR Transformation(人事組織戦略、人事業務・システム改革、チェンジマネジメント)とデジタル人事(ワークスタイル変革、人事ビッグデータ、ソーシャルコミュニケーション)。
大規模なグローバル人事部門改革及びワークデイをはじめとするクラウドHRソリューションの日本における第一人者として豊富な実務経験を有する。
『AS ONE 目標に向かってひとつになる』(共訳/プレジデント社)、『組織を変える! 人材育成事例25』(共同執筆/労政時報選書)他、人事専門雑誌への執筆多数。

パートナー 矢矧 晴彦 (Haruhiko Yahagi)
消費財メーカーや流通業界での経営コンサルティングに従事。特に、販売業務、SCM、マーチャンダイジング分野の業務改革プロジェクトを多数手掛けている。
近年では、日本企業の海外進出支援のため、日本の親会社のベストプラクティスを抽出して海外で活用するための雛形化し、その定着化をクライアント側チームと協働で実施した。

パートナー 安井 望 (Nozomu Yasui)
製造業を中心に、業績管理、原価管理といった経営管理業務の再構築プロジェクトに多数従事。サプライチェーンマネジメント(SCM)の分野でも計画系を中心に業務改革プロジェクトを多く手がけてきている。
業務機能を跨いだ企業全体のマネジメントを最適化していくことを得意としており、戦略立案から改革の実行までをトータルに支援できる経験を有している。

パートナー 吉川 聡 (Satoshi Yoshikawa)
中央省庁、地方自治体、独立行政法人等、官公庁領域を中心に、豊富なコンサルティング経験を有する。
特に、政策立案支援、事業計画立案支援、官民連携事業支援、IT戦略立案支援等の多くのプロジェクト実績を有している。
最近では国の成長戦略・社会課題、社会インフラ等の国の重要政策に関するコンサルティングに力を入れている。

パートナー 吉岡 巌 (Iwao Yoshioka)
主に金融業界向けに、業務プロセス改革、リスク管理、IT戦略、ITシステム導入、経営統合などの広範な分野でのコンサルティングサービスに従事。
大規模プロジェクトのマネジメント経験も豊富。
クライアントには外資系企業も多く、文化的多様性の強い環境でのプロジェクト遂行を得意とする。
公認情報システム監査人。

パートナー 周 磊(Lei Zhou)
自動車/製造業を中心に、日本国内のみならず、多数のグローバルプロジェクトに参画。事業・技術戦略、 ビジネスモデル構築、市場参入シナリオ・ロードマップ策定などの上流工程から、具体的な経営管理体制構築の下流工程まで、豊富なプロジェクト経験を保有。
講演および寄稿実績多数。主な著書・論文に『中国次世代自動車市場への参入戦略 現地発イノベーションの最前線』(日経BP社)、自動車の知能化をテーマとする論文“The Rise of Safety Innovations in Intelligent Mobility”(共著・経営誌Deloitte Review)など。
博士(経済学)。

エグゼクティブオフィサー Jeffrey Watts
経営戦略において幅広いコンサルティング経験を有する。
大手自動車製造業その他製造業界のグローバル企業を中心に、成長戦略等の案件を多く手掛ける。グローバル企業のクロスボーダーM&A案件にも多く関与。

エグゼクティブオフィサー Robert Hill
日本国内、アメリカにおいて、航空宇宙・防衛産業、自動車産業、ハイテク産業のクライアントを対象とした、戦略の立案から業務改善、IT導入支援に関するコンサルティングに従事。 日本・アメリカの主要製造業クライアントを対象とした、グローバルレベルでのシステム導入プロジェクトの経験も多数。

エグゼクティブオフィサー Cliff Shuart
テクノロジー・アドバイザリー ユニットのExecutive Officerとして所属。
グローバルの顧客に対し、大規模ビジネスやトランスフォーメーションプログラムを専門にし、コンシューマービジネス、製造、ライフサイエンスなど多岐に渡る分野で活躍している。
多方面で複雑なERP導入を経験。またM&AやPMI活動にも携わっている。

ディレクター Christian Boettcher
ライフサイエンス領域における15年以上のコンサルティング経験を有する。
国内外の医薬品・医療機器企業に対し、企業戦略や海外展開戦略の策定・実行支援など、戦略立案・業務改革に関するプロジェクトを数多く手掛けている。
アメリカ、ヨーロッパ、アジア圏を拠点に幅広い実務経験を持つ。

ディレクター 金子 光太郎(Kotaro Kaneko)
マーケティング&コミュニケーション(M&C)の領域においてBtoBサービスの提供側、企業の担当部門側の双方から携わってきた豊富な経験と知識を有する。DTCのM&C部門の責任者として社内外、グループ、グローバルのコミュニケーションに注力している。

ディレクター 伊藤 薫 (Kaotu Ito)
邦銀・日系証券会社において、永年に渡る資金為替業務を経験後、外資系グローバル企業にて、日本にアジア・トレジャリー・センター立上げを主導・統括。アジア地区へグローバル・キャッシュマネジメントプロセス導入に貢献。企業買収・売却案件のトレジャリー分野に深く関与。

ディレクター 三巻 由希子 (Yukiko Mitsumaki)
15年以上にわたり、グループ経営戦略から組織・人事関連業務を中心とするコンサルティングサービスに従事する。また、自社の企業統合の際には、人事部門をリードし、組織風土改革、人事制度改革、オペレーション統合を実現する。組織力の源泉は「人材」であることを信条に、人財価値の最大化を心がける。

ディレクター 宮下 剛 (Go Miyashita)
外資系、総合系コンサルティングファームを経て現職。製造、流通、保険等の業界を中心に、戦略立案からオペレーション・組織変革、IT導入支援まで幅広い領域に従事し20年の経験を有する。特にCRM領域に強みをもち同領域のリーダーとして活躍するとともに寄稿、講演実施。

ディレクター 村中 靖 (Yasushi Muranaka)
クロスボーダーのM&A関連、特に、HRデューデリジェンス、PMI (Post merger integration) の分野におけるコンサルティングに携わる。
主な著書に『MBA人材マネジメント戦略』(TAC出版)等がある。

ディレクター 根岸 彰一 (Shoichi Negishi)
医薬・医療機器等の内資/外資系ライフサイエンス企業に対して、業務プロセス改革、組織改革、ポストM&AにおけるオペレーションおよびIT統合支援、IT戦略立案/実行支援、アウトソーシング戦略立案、当局規制コンプライアンス対応などのプロジェクトをクロスボーダー案件も含め数多く手がけている。

ディレクター 丹羽 正 (Masashi Niwa)
Cross Industryな知見応用をベースとして、多種多様な日本企業の海外事業ライフサイクルを、戦略構築やM&A支援から既存海外事業の最適化や再生等を通じ、一気通貫で支援をしてきている。また、自身の外資系アドバイザリーファーム日本代表等の経営経験に基づいたCXO・カントリーヘッドレベルへのCross Border経営のアドバイザリーも多数実施している。

ディレクター 野村 修一 (Shuichi Nomura)
新興国市場エントリー戦略を中心とするグローバルビジネス戦略担当。
新興国への進出・撤退・再編・買収・戦略提携案件に多数携わる。

ディレクター 荻生 泰之 (Yasuyuki Ogyu)
外資系コンサルティング会社での経験を含め、多数の戦略プロジェクトに従事。銀行・ノンバンク・証券を中心に、事業戦略、マーケティング/営業戦略、業務改革、IT戦略/改革、合併/IT導入のPMO運営などの幅広いプロジェクトを手掛ける。特に、戦略立案・業務改革・IT改革に強みを持つ。

ディレクター 岡部 仁志  (Hitoshi Okabe)
自動車、自動車部品、産業機械など製造業のサプライチェーン領域を中心に、業務プロセス改革、情報システム戦略・構築、組織変革に関するコンサルティングに従事。
特に、ERP(基幹システム)を導入した企業の業務運用早期定着化や早期効果創出のプロジェクトに多く参画し、豊富なプロジェクトマネジメント、チェンジマネジメントのノウハウを持つ。

ディレクター 岡本 晋(Shin Okamoto)
電機・機械・化学などの製造業を中心に、業務改革基本構想策定から業務・組織設計、システム設計、実現化・定着化サポートを幅広く手掛ける。
特にSCM領域における業務改革コンサルティングに豊富な経験がある。

ディレクター Ian W. Otten
日本における人事部門改革(HRトランスフォーメーション)サービス統括責任者。アジアで幼少期を過ごし、ヨーロッパで教育を受けるという国際的なバックグラウンドを持つ組織・人事コンサルタント。過去17年間USデロイトで勤務後、3年間の駐在員として、2013年1月に日本に赴任。グローバル規模で大規模な人事部門改革・オペレーション変革を行うグローバル先進企業の案件に多数従事している。

ディレクター 正田 平八郎 (Heihachiro Shoda)
ヒューマンキャピタルコンサルタントとしてグローバル経営を成功させるための人的資源をどう確保するかをテーマに、日本、米国を中心にタレントマネジメント、報酬、人材育成、人事機能体制最適化、M&Aなどの分野で豊富な経験を持つ。
米国、日本、欧州、アジアにおいて様々なプロジェクトを手がけており、日本の外から見えるアウトサイド・インの視点を持ちながら日本企業のタレントマネジメント、人事のグローバル化を支援している。

ディレクター 宇井 利安 (Toshiyasu Ui)
経理・財務、総務領域において、DTCの経営管理基盤の構築、ファシリティーマネジメントに20年以上にわたり従事する。
特に、BI(ビジネスインテリジェンス)を用いた経営管理基盤の構築を得意とする。
最近では経理・財務領域の責任者としてDTCの成長を支えるための新しい管理基盤構築に注力している。

ディレクター 渡辺 護 (Mamoru Watanabe)
日米欧におけるリーディング企業の競争戦略プロジェクトに長年携わる。特に、自動車、電気通信、建設機械、医薬品、家電等の各産業における競争戦略、事業戦略、バリューチェーン戦略、サプライチェーン戦略、R&D戦略、マーケティング戦略、BPR(リエンジニアリング)、M&A等のテーマに対し、戦略策定から実行支援まで関与し、目に見える成果を創出する手法を得意とする。

ディレクター 渡邉 知志 (Satoshi Watanabe)
小売、流通業を中心としつつ幅広い業種において、テクノロジー主導でのビジネス変革を達成すべく構想~企画~業務プロセス再構築~システム化実行支援のコンサルティング活動に従事。
変革の実現まで一貫したサービスを提供すると共に、CEOやCIOに対するアドバイザリーサービスを手掛ける。

ディレクター 山本 成一 (Seiichi Yamamoto)
組織・人材面で日本企業の国際化を支援するコンサルティングに従事。
主な著書に、『グローバルリーダー開発シナリオ』(共著・日本経済新聞出版社)、『稼ぐ人、安い人、余る人』(幻冬舎文庫)、『グローバル人材マネジメント論』(東洋経済新報社)、『はまる人、はもる人、はめる人 』(朝日新聞社)、『鷲の人、龍の人、桜の人』(集英社)など。その他、講演多数。

ディレクター  山本 利浩(Toshihiro Yamamoto)
流通業を中心として数多くの企業の情報システム化、業務効率化に従事。
IT戦略立案から開発・導入過程のプロジェクトマネジメント、導入後の情報システム活用フォローに多くの実績を有する。最近ではIFRS導入に伴う情報システム及び業務プロセスの再構築を中心に活動。


ページTopへ戻る

 名古屋オフィス

ディレクター  渕田 任隆(Hidetaka Fuchita)
組織・人の切り口から、組織戦略、人材マネジメント、役員処遇改革等のコンサルティングに従事。
特にサービス業を中心に経営改革のサポートを行っている。

パートナー 稲川 敦之 (Nobuyuki Inagawa)
コンシューマービジネス、パブリックセクター/ヘルスケアなど幅広い業界で、戦略立案、組織変革、人材マネジメント改革などのコンサルティング活動に従事。
特に、戦略を実行するための組織活性化やリーダーシップの育成に関するコンサルティングに豊富な経験を有し、戦略の立案から体制・制度の整備、戦略の実践までを一貫して支援するプロジェクトを手掛けている。


ページTopへ戻る

 大阪オフィス

パートナー 田中 昭二 (Shoji Tanaka)
製造業を中心に、販売計画、購買、生産、需給調整、物流などのサプライチェーン領域の業務改革プロジェクトを多数経験している。
構想策定から実行支援まで一貫してプロジェクトを支援するとともに、関連する情報システムの構築を数多く手掛けている。

パートナー 坪井 淳(Jun Tsuboi)
関西エリアの企業を中心として、持続的成長の実現に向けたコンサルティング活動に従事。
専門とするグループ・組織再編、人材マネジメント戦略立案、コーポレート・ガバナンス改革等の組織・人事領域のプロジェクト経験を多数有するほか、事業計画策定、経営管理基盤構築等のプロジェクトも手掛けている。


ページTopへ戻る

 福岡オフィス

ディレクター 森下 剛靖 (Takeyasu Morishita)
九州、中四国地区の中堅から大手までの多岐に渡る企業を対象にし、経営戦略策定/マーケティング戦略策定からその具現化のためのグループ企業再編、業務プロセス改革、経営管理制度構築等の数多くのプロジェクトを手掛けている。


ページTopへ戻る