This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalised service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our cookie notice for more information on the cookies we use and how to delete or block them

ブックマーク eメール このページを印刷

グローバルサービス

グローバルサービストーマツ日系企業サービスグループ(Japanese Services Group: JSG)は、世界150カ国以上にプロフェッショナルを擁するデロイト(Deloitte)のグローバル戦略に有機的に組み込まれた、日系企業の国際的発展を支援するために確立された専門家集団です。
JSGは、日本の文化や習慣を十分に理解する、約880名に及ぶ日本語バイリンガルのプロフェッショナルを世界約70都市に配し、そのグローバルネットワークによる豊富な経験と知識で、高品質で幅広いサービスを提供します。JSGの中核であるトーマツグループは、35年以上に及ぶ国際的サービスの実績を有し、クライアントのニーズを十分理解しながら、海外各地の専門家との連携のもと日本から強力にサポートしています。

リンクアジアビジネスサポート
リンク新興国市場参入・事業再構築支援サービス
リンクチャイナサービスグループ(トーマツ 中国室)
リンクインドビジネスサポート(トーマツ インド室)
リンク中南米デスク

NEW 【プレスリリース】中南米デスクの活動を本格化(2014.03.19)

 

グローバルサービス 最新解説記事

  • 2014.07.29 【中国投資情報】Q&A:上海自由貿易試験区の2014年版ネガティブリストの概要及び企業の進出状況について教えてください。
    A:2014年6月30日付けで「自貿区外商投資参入特別管理措置(ネガティブリスト、2014年改訂)」(上海市人民政府公告2014年第1号)が公布、施行されています。 2014年版ネガティブリストでは制限措置110項目、禁止措置29項目の合計139項目となり、合計51項目が削減されました。但し、51項目には分類の見直しによる制限項目の削減も含まれており、実質的には取消が14項目、規制緩和19項目の合計33項目と報道されています 。
  • 2014.07.29 【中国会計情報】 新連載~中国企業会計準則シリーズ~ 第6回 長期持分投資―改訂版
    今回は、2014年3月に改訂された「企業会計準則第2号 – 長期持分投資」(以下、「改訂2号準則」)を解説します。 改訂2号準則は、総則、認識時の測定、認識後の測定、移行規定、付則の5章から構成されています。なお、関連する応用指南は、公表されていません。 改訂内容の一部は、財政部から既に公表されている「企業会計準則解釈」等の指針に含まれ、実務に反映されています。 また、改訂2号準則と、国際財務報告基準(IFRS)との主な違いは、下記のとおりです。
  • 2014.07.28 Tax Newsflash 2014年7月4日号
    世界の税務情報(中国):中国(上海)自由貿易試験区:2014年版ネガティブリストの公布
日系企業サービスグループ
Japanese Services Group(JSG)

海外での日本企業向けサービスに関する問い合わせ
TEL:03-6720-8340

出版物『税制と投資』シリーズに関する
税制と投資シリーズに関する 問い合わせフォーム

ニュースレター

世界の税務情報
トーマツ チャイナ ニュース
トーマツ チャイナ ニュース配信申し込み

セミナー情報

アジアビジネス関連セミナー


世界各国のビジネス関連セミナー

出版物

『税制と投資』シリーズ
オーストラリアの税制と投資
中国の税制と投資
香港の税制と投資
インドネシアの税制と投資
フィリピンの税制と投資
タイの税制と投資
ベルギーの税制と投資
ドイツの税制と投資
イタリアの税制と投資
オランダの税制と投資
イギリスの税制と投資
ブラジルの税制と投資

中国ビジネス

トーマツチャイナニュースVol.6  Apr.2012~Sep.2013

『中国企業会計準則』シリーズ
中国企業会計準則及び応用指南 (日中対訳版)
中国企業会計準則 応用指南附録:会計科目及び主要帳簿処理(日中対訳版)

『中国企業会計制度』シリーズ
中国企業会計制度(日中対訳版)
中国企業会計制度-会計科目及び財務諸表-(日中対訳版)


デロイト主要各国のIFRS情報

RSSフィード

トーマツグループ公式サイトの更新情報をご覧になりたい場合は、RSSをご利用ください。

トーマツIFRS トーマツグループヘッドライン

トーマツIFRSトーマツIFRS